初めての部屋んぽ【うさぎと子育て】

初めての部屋んぽ【うさぎと子育て】

先日、保護して初めて動物病院へ行き、下記のことがわかりました。

・年齢:生後4か月~5か月

・性別:女の子♀

・体重:1.08kg

・健康:問題なし

・野生ではない

気になっていた最後の項目がはっきりとわかって悲しくなりましたが、うちに来たので安心していいよ。という気持ちでいっぱいでした。

ケージを開けると寄ってくるようになり(ご飯がもらえると思ってるだけだけど嬉しい)

眉間を撫でるととてもいい表情をするようになりました。

命名:ぴょんす

に決まりました。

 

Advertisement

 

ぴょんぴょんランドの営業開始

お迎えして一週間が経ったので部屋んぽをさせてみようと思い、普段いる部屋とは別の部屋へケージを移動させました。

扉を開けてもなかなか出てこようとしません。

そばにいると出てこないので、少し離れたところで見守ります。

が、全く出てこようとする気配なし。

無理矢理出すのも何なので、しばらく放っておいたところ目を瞑ってしまいました(笑)

しばらく待ちましたがこの日はこれで終わり(笑)

マーキング

次の日には恐る恐る出てきて部屋の中を散策し始めました。

娘がまだ小さいのでテレビ周りやキッチンに行けないようベビーサークルをしているのですが、ぴょんすはまだ小さいので余裕ですり抜けてしまいます。

応急処置として鳥避けのネットで隙間を埋めました。

夜だからか知らない場所で興奮しているのか、しばらくすると走り回っていました。

初めてうさぎらしい姿を見て、あぁ私うさぎ飼ってるんだなぁと実感。

近づくと逃げてしまうので、床に座っていると部屋の至る所にマーキングを始めました。

マーキングってオスだけやなかったんかい… と思いながらヘンゼルとグレーテルのパン状態の●●●を拾い、おしっこもしたのですぐに消臭スプレーでふき取りました。

何度もしたので、何度も拭きました(笑)

30分くらい経ったのでケージに戻そうとしましたが、

まだ抱っこしたことがない!

ケージの扉は開けっぱなしにしていましたが戻る気配はありません。

You Tubeで予習しておいた抱っこにトライしてみっか。

近づく→逃げる→抱き上げる→足をバタバタする→抱き上げる→撫でる

ひと悶着してケージへ半ば無理やり戻す形になってしまいました。

ケージの中だととろーんとして撫でさせてくれるのに、ぴょんぴょんランドだと近づくと逃げちゃうんです。

いやいやいや、動画ではいとも簡単に抱っこなさっていますが、初心者には到底無理です(T_T)

次の日も、その次の日も、抱っこしようとするとすごいスピードで逃げてしまいます。

腕を全部の爪で引っ掻かれたことも。完全に抱っこの仕方が悪いのですが。

少し懐いている分、悲しくなってしまいます(泣)

恐る恐る抱っこをしているのが、ぴょんすに伝わっているのだと思います。

ネコなら抱っこの仕方わかるのになぁ。

抱っこができないと健康チェックもできないし、病院にも連れていけません。

「抱っこは気持ちがいいもの」とわかってもらえる日が来ると信じて根気強く頑張っていきたいと思います。

ただ、マーキングは、3日目にはしなくなりました。

すぐに拭き取って臭いを残さないようにしたので、自分の縄張りではないと認識したようです。

子どもと初対面

3日間もバレなかったのが不思議なくらいですが「ぴょんすも環境に慣れてきたし、そろそろいいよね」となり、ある晩夫がケージを掃除し始めたとき初めて娘はぴょんすを目にしました。

目を光らせて、

あ!にゃんにゃん?!(実家にネコがいるので)

にゃんにゃんじゃないよ。

わんわん?(義実家に犬がいるので)

うさぎさんだよ。

じたじさん?(両手を頭の上に乗せてウサギの真似をして)

(じたじって笑)そう、じたじさん。

 

それからというもの、起きたら「じたじさんおはよう」保育園から帰ると「じたじさんただいま」お風呂から上がると「あがったよ」←この報告いらんと思うけど 寝る前は「おやすみ」と話しかけ、時々2人にしかわからない会話もしています。

まだまだお世話できるのは先ですが、ぴょんすを通して動物を思いやる気持ちが芽生えてくれたらなと思います。

注) 生きてます

うさぎのいる暮らし
うさぎのいる生活