マイホームスピード購入を振り返る①

マイホームスピード購入を振り返る①

お久しぶりです♡

仕事がフルタイムになり、家事の手ぬき具合に拍車をかけています。

フルタイムになったきっかけは、また次回書きますね。

マイホームに関する記事が続きますが、参考になれば幸いです。

 

運命の出会い

2020正月明け。

これまで視野になかった中古の住宅物件を偶然見つける。

 

急いで不動産に連絡するも、既に申し込みが入っているのでとやんわり断られる。

内覧は出来るそうだが予約がいっぱいで、3日後にようやく実現。

 

現地へ行くと約束時間の前後に2組のピチピチ夫婦が。

築浅、ハウスメーカーは地場大手、図面を見る限り構造もしっかりしている。

土地と建売を2年半探していたので相場が少々わかるようになっていた。

この物件はお得感がハンパないぞ。

 

先手有り

盛り上がる気分とは裏腹に、既にピチピチ夫婦のご主人①から仮審査 の申込みが入っていた。

基本的に申込の先着順なのでほぼ決まっているようなものだ。

ご主人①は収入に問題なく借入も無いので、よほどの事がない限り仮審査は通ると担当者に言われていた。

ようやく巡り合えた「ここに住みたい」と思う家は、既に人様の物になろうとしていた・・・

中古住宅は「ご縁」と聞きます。ここは縁がなかったと諦めかけていたその時。

 

下駄を履くまでわからない

数日後、ご主人①は過去に借入があり、審査が滞っている事を知る。

よほどの事が起きた!!!!!(笑)

 

「もしかしたら」の希望を胸に、我が家は遅れて仮審査 の申し込みをしていた。

ひょっとしたらうちが先に通るかもしれない。

 

夫に秘密の借入がなければ大丈夫。

普段は隠し事をしない私たちだが、過去のことばかりは分からない(笑)

 

我が家の後にも審査申込みしたちょいピチ夫婦のご主人②がいたので、うちが滞ったらご主人②に決まるかもしれない。

 

いずれにせよ仮審査に通ったご主人が本審査 の駒へと進む。